HOME

「非線形科学とその周辺」セミナーでは,広い意味での非線形物理学のテーマで定期的に内外の講演者に最新の研究成果を発表して頂いています.外部の方でも,講演のテーマに興味をお持ちの方の来聴を歓迎します.どうぞ,ご自由にご参加下さい.

セミナー情報を随時更新します。

  • space
  • 2017年10月24日

    講演題目:自律振動子と非自律振動子の集団におけるダイナミックス – エイジングとエイジング転移 –
    講演者:大同 寬明
    所属:大阪府立大学
    日時:平成29年10月24日(火)14時45分~16時15分
    概要:
    大自由度力学系において導入されたエイジングの概念は、非自律振動子の割合が増加することを意味する。この割合が臨界値に達すると全系の素子がすべて停止する。この現象はエイジング転移と名付けられた。系を構成する素子には分岐パラメーターが含まれている。振動が始まる主な分岐現象には Hopf 分岐およびSNIC 分岐がある。
    本セミナーでは、これら2つのシナリオをもとに、エイジングの効果(つまり、劣化の効果)を調べる。対象とする素子は、Stuart-Landau 方程式(Hopf 分岐の場合)および興奮型素子つまり、興奮型位相振動子、Morris-Lecar 系、サドル・ノード分岐の標準系(SNIC 分岐の場合)である。これらの素子は他のすべての素子と一様な相祖作用をする。系内における分岐パラメーターの分布は2値分布と連続分布がある。数値シミュレーションの結果を出し、それらを理論と比較する。

    文献:
    H. Daido and K. Nakanishi, Phys. Rev. Lett. vol. 93, 104101 (2004).
    H. Daido, A. Kasama, and K. Nishio, Phys. Rev. E vol. 88, 052907 (2013).

新着履歴一覧

  • space
  • 8月28日「非線形科学とその周辺」セミナー (3件の講演)  2017年8月24日

    講演題目:太陽系の形成と彗星の化学 – 分子輝線を手がかりに 講演者:小林 仁美 所属:LLP京都虹光房 日時:平成29年8月28日(月)14時30分~15時30分 会場: 京都大学吉田キャンパス 総合研究8号館207セミナー室...

  • space
  • 位相振動子モデルを用いたカエルの合唱構造の解析  2017年7月26日

    講演題目:位相振動子モデルを用いたカエルの合唱構造の解析 講演者:合原 一究 所属:筑波大学 日時:平成29年7月3日(月)16時00分~18時00分 会場: 京都大学吉田キャンパス 総合研究12号館003講義室(地階) http://ww...

非線形物理学講座、旧グループのWebサイトはこちらです。

非線形物理学講座

(旧)流体力学・計算物理学グループ

理論神経科学・非平衡系数理グループ

「非線形・統計力学とその周辺」セミナー (本セミナーの前身)