More is different.
God is in the details.

NEWS

数理科学2022年2月号No.704:テンソルネットワークの進展(多彩な表現形式が物理をつなぐ)に解説記事「テンソルネットワーク入門」を寄稿。

We will hold the oneline workshop, Tensor Network States: Algorithms and Applications (TNSAA) 2021-2022, from Jan. 17 to Jan. 21, 2022. The series of workshop, TNSAA, has been organized for the purposes of exchanging new developments, having discussions toward future studies, and providing intruductory talks for new generation of researchers about tensor networks.

東京大学理学系研究科量子ソフトウェア寄付講座主催の第1回量子ソフトウェアワークショップ「テンソルネットワークと量子計算の展望」にて、「機械学習におけるテンソルネットワークの活用」について講演を行う。

ワークショップページ

日本物理学会 2021年秋季大会

日程: 2020年9月20日から9月23日(オンライン開催)

  • 講演(21aL3-3) "吸収状態相転移の非平衡臨界点における普遍的スペクトラム構造のテンソル繰り込み群による研究"
  • 講演(22pL4-9) "行列積表現を用いたニューラルネットワークのエンタングルメント解析" (共同研究者) 阿蘇品 侑雅(発表)
  • 講演(23pA1-1) "テンソルネットワークを用いた量子回路学習" (共同研究者) 真鍋 秀隆(発表)

学術変革領域(A)研究課題「極限宇宙の物理法則を創る-量子情報で拓く時空と物質の新しいパラダイム」が採択され、 D02班の研究分担者として参加することになりました。

領域ウェブページ

Date
May 31, 2021
Seminar
StatPhys seminar at University of Tokyo, Hongo, Japan
Title
Universal spectrum structure on the nonequilibrium critical line of the one-dimensional Domany-Kinzel cellular automaton
Abstract
The Domany-Kinzel(DK) cellular automaton is a stochastic time-evolutional system with an absorbing state from which the system cannot escape and a canonical model for nonequilibrium critical phenomena[1]. We introduce the tensor network method as a new tool to study it. Estimating the entropy of the DK automaton with a matrix product state representation of distribution, we reported a new cusp of the Renyi entropy in the active phase of the DK cellular automaton[2]. We recently applied a tensor renormalization group method to transfer matrices at the nonequilibrium critical point of the DK cellular automaton, confirming a universal spectrum structure[3]. In this talk, we will report our results with a brief review of models and methods.

[1] M. Henkel, H. Hinrichsen, and S. Lübeck, Non-Equilibrium Phase Transitions. Volume 1: Absorbing Phase Transitions, Vol. 1 (Springer, 2008).
[2] K. H. and N. Kawashima, Entropy Governed by the Absorbing State of Directed Percolation, Physical Review Letters 123, 090601 (2019).
[3] K. H., Universal spectrum structure at nonequilibrium critical points in the (1+1)-dimensional directed percolation, arXiv:2008.10807.

TOPICS

ベイズ推定を用いたスケーリング解析ツール

臨界現象のスケーリング解析にベイズ推定の手法を導入した新しいアルゴリズムの実装。

デモページへ 解説ページへ
オンラインで学ぶモンテカルロ法

モンテカルロ法(マルコフ過程を用いた手法も含む)の基本的な事柄についての解説。

解説ページへ
「物質の中に宇宙が見えてくる」(計算科学の世界)

量子臨界現象研究の面白さを説明しています。

理化学研究所 計算科学研究機構 広報誌「計算科学の世界」 インタビュー記事へ

テンソルネットワークと量子多体系

多体系の有望な計算手法であるテンソルネットワークについて解説しています。

解説記事PDFへ

雑誌「パリティ」2017年12月号 解説記事へ

ABOUT

Kenji Harada

原田健自 ( Kenji Harada )
京都大学大学院情報学研究科 助教
harada@acs.i.kyoto-u.ac.jp
京都市左京区吉田本町 京都大学吉田キャンパス 総合研究8号館203号室 Map (No.59)

統計物理学と情報論的視点を融合した最先端の計算手法と 世界トップレベルのスーパーコンピュータのパワーを組み合わせて、 相互作用する多体系などの大自由度系の未解決問題に先端的に取り組んでいます。

LINKS