研究室の活動


セミナーや研究会のお知らせを随時掲示します。

最近の活動
  • space
  • 「非線形科学とその周辺」セミナー  2016年3月14日

    講演題目:Recurrent Infomaxの背景と導出 講演者: 田中琢真氏 東京工業大学総合理工学研究科 日時:2016年3月28日(月)14:00ー16:00頃まで 場所: 京都大学吉田キャンパ...

  • space
  • 「非線形科学とその周辺」セミナー  2016年2月21日

    講演題目:情報伝達最大化原理に基づくネットワークの分化 講演者: 山口 裕氏 福岡工業大学情報工学部 日時:2016年3月15日(火)13:00ー14:00頃まで 場所: 京都大学吉田キャンパス 工学...

 
定例公式行事
非線形物理学研究会 毎週一回、講座全体で実施しています。
学生は、(1)自分の研究に関係する論文、(2)研究の背景を含めて研究成果について発表を行っています。
M1ゼミ 非線形科学に関する基礎的なことを理解してもらうための輪読を毎週一回行っています。トピックス的な内容に関しては、論文紹介や別の小規模な輪読などで学修します。
4回生ゼミ 基礎的な内容を理解してもらうために適当な教科書を用いた輪読を毎週一回行っています。合わせて、研究室の計算機環境に慣れてもらうために、上記の内容と関連した計算機実習を行っています。ほとんどの場合、修士1年も参加しています。
自主ゼミ 研究室メンバーにおおよそ共通する内容で、全体的な知識を得たり、新しい研究テーマを探したりするために行っています。参加は自由です。
主催に関係している学会・研究会
「非線形科学と
その周辺」セミナー
非線形物理学講座が主催して、講座内外の院生や研究者が、非線形科学に関連した研究内容を報告し、参加者との間で質疑応答を行うセミナーです。
「非線形・統計力学と
その周辺」セミナー
非線形系や非平衡系を扱う研究を中心にして、内外の研究者が最新の研究内容を報告し、参加者との間で質疑応答を行うセミナーです。複雑系科学専攻非線形力学分野及び数理工学専攻物理統計学分野と共同で開催しています。
京都力学系セミナー 広い意味での大自由度の力学系や非線形振動子の引き込み現象の理解を深めるための、小規模なセミナーです。不定期に開催され,阪大・京大の物理系・数学系・工学系の研究者が参加しています。
脳のセミナー 京阪地区神経科学グループに参加しているメンバーで最前線の研究者を招き月一回のペースで開催しています。

ページtopへ▲

京都大学 情報学研究科 複雑系科学専攻 非線形物理学講座