集中講義(後半)「 非線形物理学特論Ⅰ」(伊庭幸人氏)のお知らせ

space

集中講義「非線形物理学特論Ⅰ」
京都大学情報学研究科の大学院生対象の講義ですが、どなたでも参加して頂いて結構です。
この話題に興味のある、学部学生からポスドク、教員の方まで、興味のある方は奮ってご参加下さい。

本集中講義は修了しました。

講義資料は下の方にリンクを記載しています。
レポート課題とスライドをリンク先に掲載しました。

講師 伊庭 幸人 氏 統計数理研究所

日時と場所

11/21(火)13:00-16:15 総合研究7号館 情報1講義室 (1階 107)
11/22(水)13:00-14:30   総合研究7号館 情報2講義室 (1階 101)(ここまでは終了しました)

12/07(木)13:00-16:15  総合研究7号館 情報1講義室 (1階 107)
12/08(金)13:00-16:15  総合研究7号館 情報1講義室 (1階 107)
《参考》途中随時休憩を挟む予定です。

参考地図: 京都大学吉田キャンパス総合研究7号館 マップ(68の建物)

講義内容
 マルコフ連鎖モンテカルロ法とその応用,及びベイズ統計・計算統計の諸問題を論じます.受講者の多様性と専門性を考慮して,前半と後半でやや違う性格の講義を行う予定です.前半の2日間の講義は,マルコフ連鎖モンテカルロ法(MCMC)の基礎やデータ解析への応用に興味を持つ方を対象とします.内容は,MCMCの基礎,ベイズ統計の考え方,簡単な実装例などです.いわゆるベイズ統計の講義としては計算アルゴリズムに重点がある内容になりますが,初心者にも理解可能な内容として講義しました.
 後半の2日間の講義は,
(1)ベイズ統計や計算統計の周辺のより突っ込んだ話題(たとえば,スタイン推定との関係,マルコフ確率場,アジョイント法など)
(2)マルコフ連鎖モンテカルロ法の諸手法とデータ解析以外への応用(マルチカノニカル法,レアイベントサンプリング,数え上げなど)
からいくつかトピックを選んでお話しします.前半よりかなり高度な内容となりますが,特定の専門分野を掘り下げるというより,分野横断的な繋がりや意味付けを重視した内容にしたいと考えています.

注意事項:変更等がありましたら、随時最新の情報を反映する予定です。事前登録等は不要です。

講義資料:講義資料の情報はここからダウンロード可能です。
アクセスに必要な情報は講義中に提示しました。メール等や事後の問い合わせにはお答えできません。)

問い合わせ先:青柳 富誌生 aoyagiあっとi.kyoto-u.ac.jp (あっとは @ に変更して下さい.)